あきたチャイルド園様

■建築概要

キッズデザインアワード受賞

社会福祉法人風の遊育舎
所在地 秋田市土崎港西三丁目8-28
事業主 社会福祉法人風の遊育舎様
理事長 澤口勇人様
設計者 サムコンセプトデザイン/泉俊哉一級建築士
sola associates/NCU/テーテンス事務所
敷地面積 1654.88㎡
建築面積 1107.71㎡
延床面積 1056.63㎡
総園児数 定員150名+園児弾力化受入(0~5歳児)

※地上一階建鉄骨造(耐火建築物)工期2010年9月~2011年3月

中庭/center park 屋上庭園/sky parkの施工に携わらせていただいて

中庭/center park 屋上庭園/sky parkの施工

園舎建設に際しては、澤口理事長と泉俊哉設計士が壁で仕切られない大きな室内空間や、中庭と屋上が繋がった外部空間で、0歳から5歳までの異年齢の子どもたちが、自由に遊び「自ら育つ力」を発揮しながら成長していくことを最大の主眼として多くの検討を経て取り組まれた事業でした。

・子供たちは自然の中から遊びを「創り出す」
・遊びの工夫から「自立」が芽生え、成長する
・多くの木々や石の遊び場で危険と安全を学ぶ
・好奇心、創造力、集中力と協調性が育まれる
等々、沢山のことを学ばせていただきました。

たくさん遊んで、たくさん食べて、しっかりと休養する…
園児たちの元気な声が聞こえます。

社会福祉法人風の遊育舎 理事長 澤口勇人様から

あきたチャイルド園
“森”と“原っぱ”に囲まれてあきたチャイルド園は、秋田市土崎にある園児数が180名を超える保育園です。園では子どもを「自立」に向かって健全に育んでいくためにいろいろな保育目標を掲げていますが、その中の一つに「自然の中で自らの力を信じ思いっきり活動する」と言うものがあります。

しかし当園の立地条件は秋田港のそばの“準工業地帯”で周囲に緑などなく、また敷地も500坪と決して広くありません。そこで考えに考えた挙句導き出した結論が、グランドレベルの園庭と屋上園庭整備による「園庭面積の最大化」でした。実際には“森”をイメージした中庭と“原っぱ”をイメージした屋上園庭が立体園庭として子どもたちの遊び場となっております。

そしてこの前例のない構想の実現に向けて、デザインや施工においては株式会社ネイティブ・スペースの佐藤社長に大いに助けていただきました。また普段もメンテナンスの面などにおいて、日々佐藤社長にアドバイスをいただいております。おかげさまで今では毎日のように子どもたちの楽しそうな声が響き渡っています。

あきたチャイルド園の園庭のあり方は、都市部において子どもたちがより自然に寄り添って生活できる一つのモデルの提案になっているのではないかと思います。